WinActor RPA担当者 スキル

RPA担当者に必要な知識とスキル

RPA担当者に必要な知識やスキル WinActor
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

RPAの担当者になったはいいものの、どのくらいのPCスキルがあればいいの?

あるいはRPA担当者を決めなくてはならないが、どのくらいPCの知識と経験が必要なのか…

選ばれるほうも選ぶほうも、RPA担当者に求められる前提知識の線引きは悩ましいところ。

体験談

実際僕も両者とも経験したことがありますが、最初はRPA担当者の知識的な相場がわからず、ホントに自分がやれるのか、ホントにこの子で大丈夫なのかと思いを巡らし、決して簡単に決められるものではありませんでした。

個人的にはRPA担当者を選ぶほうが難しかったですね。

特に会社の中では総務部がRPA全体の管理の任されることが多かったり、「会社の中でとりあえずPC詳しそうな人にしておくか…」と割と曖昧な選び方をなされることもしばしばあると思います。

そんなお悩みの助けとなれればと思い、RPA担当者に必要な知識とスキルを書き出してみました。

あくまで個人的な経験に基づくものなので、参考程度にお読みいただければ幸いです。

★この記事をぜひ読んでいただきたい方
・これからRPA担当者を決めなければならないが、どんな人物像が適任かわからない。
・RPA担当者になる上で、最低限必要なスキルを押さえておきたい。
・プログラミングの知識はどの程度必要なのか知りたい。
スポンサーリンク

PCの基本的な知識

何はともあれ、PCの基本的な知識が必要であることはいうまでもありません。

ただ、”基本的”とは言ってもどの程度のことを指しているのか曖昧だと思いますので、RPAでは特にこの2つは基本知識として押さえておきたいという2つをピックアップしました。

ショートカットキー

まずショートカットキーは必須の知識です。

ショートカットキーはシナリオを早く正確に遂行させる上で、非常に重要な役割を担っています。

僕の場合、例えばエミュレーションでキーボードの操作を記憶させるとき、ミスやムダを省くために極力ショートカットで操作できるようにエミュレーションを組んでいます。

ショートカットキー
ショートカットキーの例

こうすることで例えばコピー&ペーストするときに、マウスを使って「右クリしてコピーしてまた右クリして貼り付け…」というような遠回りの操作を省略でき、またキーボードやマウスの作業工数を最低限に抑えることができるため、ミスも減ります。

ゴリラ
ゴリラ

できればエミュレーションに予めコピペや 値のみ貼り付けや、alt+tab のようなセットが用意されてるとありがたい…。

おすすめ!覚えておくと便利なショートカットキー
  • コピー&ペースト:Ctrl + C + V
  • 値のみ貼り付け:Ctrl + Alt + V
  • 全範囲選択:Ctrl + A

エクセル

次はソフト面からRPA担当者に必要と思われる知識とスキルについて。

とはいえRPA担当者に選ばれるような方は、ある程度PCの知識やエクセルの知識があることが多い傾向にあると思いますし、また日々の業務でエクセルを使う場面も多々あると思いますので、ポイントを絞ってお伝えできればと思います。

関数

まずは関数。

SUM、IF、COUNTIF、VLOOKUP…

なぜ関数が必要なの?

例えばECサイトの在庫管理をするようなエクセルを用意するとき、
在庫数を合計するときには SUM関数が便利ですし、
外部からダウンロードした在庫データと、自社の商品コードと紐づけて反映しないといけない場合には VLOOKUP関数を使うのが良いでしょう。

こういった作業をRPA化するときにはある程度基本となるエクセルデータが出来上がっていると思いますが、自分が普段関わってない業務だとすると、これは何のために使われている関数かを正確に把握する必要があります。

そういった意味でも、ある程度関数の意味を覚えておくことは重要といえます。

おすすめ!覚えておくと便利なエクセル関数
  • 合計:SUM
  • 検索と抽出:VLOOKUP

その他エクセルの基本

その他に覚えておきたいエクセルの基本的な操作をあえていうなら、オートフィルでしょうか。

一つのセルに任意の関数を入れておき、そのセルの右下をダブルクリックすればズラーッと下まで反映してくれる機能です。

実はショートカットキーでも可能なのですが(Alt, H, FI, S, Alt+F)、シナリオに応じて使え分けすれば良いと思います。

ちなみに僕はオートフィルを使うときには割と画像マッチングを使うことが多くて、座標をとってセルの右下をクリックさせる方法で設定しています。

画像マッチングでオートフィル
画像マッチングでオートフィル
ゴリラ
ゴリラ

今思うとコレ、座標が狂ったら終わりだよね…。
簡単だけどリスク取らないでショートカットキー使ったほうがいいね…。

プログラミングの入門レベルの知識があれば尚可

おそらくみなさんが気になるのは一番ここだと思います。

みんなの疑問

RPA担当者に、プログラミングの知識は必須なのか。

この問いについて、個人的な体験でいわせていただくと、必須ではないがあるに越したことはない、です。

僕はこれまでの仕事の中で使用してきたプログラミング言語は、

  • HTML
  • CSS
  • PHP
  • JS

の4つになりますが、これらの経験がRPAに直接結びついたかというとそうでもありません。

ただ、こうした言語を通してプログラミングの基本であったり概念的なものが基礎としてあったので、RPA担当者になってもそんなに困ることはありませんでした。

入門レベルの知識とは変数と条件分岐と繰り返し

ではこれから上記のような言語を勉強を始める…というわけにもいきませんよね。

多くのRPA担当者は、ほかの役割や業務を抱えながら、何らかの兼任という形で従事している人も多いと思います。

実際僕もそうです。

そこで最低限プログラミングの入門的な知識、最低限必要だろうなと思う知識や概念を3つにまとめてみました。

  • 変数
  • 条件分岐
  • 繰り返し

条件分岐の詳しい解説や使い方については現在解説記事を作成中ですのでしばらくお待ちください。

個人的にこの3点がプログラミングの基本だと考えています。

まとめ

RPAに必要な知識とスキル
  • ショートカットキーは必ず押さえておこう。
  • 関数は最低限のものをまずは覚えておいて、必要なものは適宜追加で覚えていくのがおすすめ。
  • プログラミングの知識は必須ではないが、シナリオをイメージしやすいように概念的なものは押さえておく必要がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました