スポンサーリンク
WinActor クリップボード ログイン

【クリップボード】WinActorを使って特定の文字列を記憶させてログイン

WinActor
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

そもそもクリップボードとは何かというと、

パソコンに文字列や画像などのデータを一時的に保存する機能。

例えば、保存のショートカット「Ctrl + C」は皆よく利用すると思うが、

あれは一時的にデータをコピーして保存している。

この一時的な保存のことを「クリップボードに貼り付ける」と言ったりするが、

そんな言葉は重要ではない。

WinActor にもクリップボードの機能が搭載されており、

変数にあらかじめ文字列を入力して保存しておくことで、

エミュレーションなどを利用すれば、変数に入力しておいた文字列を張り付けることができる。

ログインをするときなどに便利なので、使い方と実際の使用例を紹介したい。

スポンサーリンク

クリップボードの設定方法

クリップボードを取り出す。

設定する項目は一つだけで、「クリップボードへ値を設定」。

ちなみにこちらの設定値は、あらかじめ用意しておいた変数、「YahooID」という変数を選んでおり、

変数の中身は文字の通り、YahooにログインするためのIDを入れてある。

場合によってはここにパスワードを入れたりすることもあるし、クリップボードの使い方は多岐に渡る。

クリップボードを使ってログイン

さてここからは実践編。

クリップボードに入れた値をもとに、実際にログインまでの過程を紹介する。

ブラウザ起動

まずはブラウザの起動から。

「URLを指定してIE起動」ノードを取り出し、Yahooショッピングのログイン画面のURLを設定したうえで起動させる。

そのあと、「IE操作(読込完了待ち)」や「ウィンドウの表示変更」などを入れているが、

これはどうしてかというと、IEが格段に重い時や、ウィンドウが小さかった場合に、

画像マッチングで使うクリック座標であったり、設定したノードの空振りを防ぐため。

特にIEは時々不安定な挙動をすることがあるので、特に「IE操作(読込完了待ち)」は割と細かく挟んでいる。

ログインID枠をクリック

IE操作によって指定のURLが開けたら、次は対象のログインID枠を選択。

このように画像マッチングで、対象のログインID枠を左クリックにて表示させるのだが、

あえて例外処理グループで、エラーが出たときの対処も含めている。

どういうエラーが出るかというと、対象のアクティブ化の失敗である。

Yahooショッピングはどういうわけか、対象のアクティブ化エラーがとにかく出やすい。

その点については、過去に当サイトの記事で取り扱っているため、

Yahooショッピングに取り組んでいて、対象のアクティブ化のエラーが出やすい方はぜひ参考にされたい。

エラー情報をクリアして、また同じように画像マッチングを実行することで、

ここでシナリオが中断することを回避している。

いざクリップボードを使ってログイン

さてここまで済んだらあとは簡単。

あらかじめログインID用の変数を用意しておき、設定方法で紹介したようにクリップボードのノードの中身を設定する。

クリップボードに記憶させたら、
エミュレーションにて、Ctrl + V (貼り付け)

画像マッチングでログインボタンをクリック

以上で完了。

ちなみに先ほど出てきたIE操作(読込完了待ち)をここでも使用。

次のシナリオの空振りを避けるため、念には念をということで置いている。

まとめ

以上がクリップボードの設定方法と、実際にクリップボードを使ってどうやってログインするか、ということの紹介であった。

実は以上で紹介したことをすべてエミュレーションにて操作させることも可能ではあるものの、

やはりエミュレーションの空振りなどを考慮すると、こういった便利な道具の使い方は知っておいて損はないと思う。

また、クリップボードのほかにも、「文字列設定」でも同じようなことができるので、こちらの方法もぜひ参考にされたい。

ひょっとすると「文字列設定」のほうが使いやすいかもしれない…。

どちらも試してみて、最適なシナリオ、管理しやすいシナリオという目線で、しっくりくる方を選ぶのが良いと思う。

参考になれば幸いだ。

タイトルとURLをコピーしました