スポンサーリンク
WinActor エミュレーション チェックボックス・ラジオボタン 画像マッチング

【RPA】WinActorでチェックボックスを入力する方法

WinActorでのチェックボックス選択 WinActor
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェックボックスを入力する場面は以外に多い

普段仕事でPC業務に携わるなら、チェックボックスやラジオボタンの入力・クリックといった場面に出くわすケースはよくあると思います。

例えばこんなとき…
  • エクセルで値のみ貼り付けをしたいとき
  • バックオフィスから指定のデータをダウンロードしたいとき
  • 会計ソフトで並び替えを行うとき

僕も普段エクセルを使って業務をしたり、ブラウザのバックオフィス環境でデータのインポートしたりすることが多いので、チェックボックスやラジオボタンは非常に馴染みがありますね。

WinActorでチェックボックス・ラジオボタンを入力するときには、画像マッチングやエミュレーションを使うことがほとんどだと思いますが、改めてその方法を記していこうと思います。

方法1:画像マッチング

画像マッチングでチェックボックスを選択。直感的な操作でわかりやすい。
画像マッチングでチェックボックスを選択。直感的な操作でわかりやすい。

まず思いつくのは画像マッチングですよね。

こちらの画像ではエクセル上での「値のみ貼り付け」に登場するウィザードを例に、チェックボックスを選択しています。

  • 「値」のところにポイントを当てて…
  • アクション → 「左クリック」を選択

以上を設定すれば、該当のチェックボックスやラジオボタンをクリックできます。

この画像マッチングを使った方法についてはすでに多くの方が採用していることでしょう。

方法2:エミュレーション

もう一つはエミュレーションを使ったやり方。

もう一度値のみ貼り付けのウィザード。今度はエミュレーションを使ってラジオボタンを選択する。
もう一度値のみ貼り付けのウィザード。今度はエミュレーションを使ってラジオボタンを選択する。

要はキーボード操作でなんとかする方法なのですが、これは各ソフトに対応するショートカットキーを併用することで、その精度が増します。

例えば先ほど出てきた、「エクセルで値のみ貼り付け」をしたいとき。

値のみ貼り付けのショートカットキー

Ctrl + Alt + V → V

このような流れでキーボードを打ちますが、それをエミュレーションに落とし込みます。

まずは「Ctrl+Alt+V」でウィザードを立ち上げる。
まずは「Ctrl+Alt+V」でウィザードを立ち上げる。
そのあと「V」と「Enter」で”値”を選択。
そのあと「V」と「Enter」で”値”を選択。
ゴリラ
ゴリラ

一連のショートカットキーを「Ctrl+Alt+V」と「V+Enter」で分けたのは、ウィンドウ識別名が違うから。
すべて一緒にしてエミュレーションに落とし込むと機能しないので注意しよう。

ここがポイント!

ちょっと記録する動作の数が多くなりますが、個人的には画像マッチングよりこちらのエミュレーションを使った方法のほうが、シナリオの空振りやエラーが少なく、精度が高いと感じています。

まとめ

WinActorでチェックボックスを入力する方法
  • 画像マッチングが一番シンプルで設定が簡単。
  • ただエラーが起きることも稀にあるので、おすすめはエミュレーションを使ったチェックボックス入力。

コメント

タイトルとURLをコピーしました