ファッション オージス ゲラスティック ジェル シュワルツコフ

【シュワルツコフ】オージス ゲラスティック ジェルの使い方!評価や取扱店情報も!

オージスゲラスティックジェル ファッション
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オージスジェルの基本情報

オージスジェルとは、シュワルツコフから出ているオージスゲラスティックのことです。

美容室やヘアスタイルに詳しいYouTuber さんが紹介していたりする、本格的なスタイリングジェルになります。

OSiS+ (オージス) | Schwarzkopf(シュワルツコフ)
もっと自由に、もっと創造力を、解き放て! 創造力をかきたてるプロのためのスタイリング剤 キマリなんかない OSiS+(オージス)

こちらのゲラスティックの他にも、

  • オージス ジーフォース(ジェル)
  • オージス ダストイット(スタイリングパウダー)
  • オージス ロックハード(ワックス)

の3種類が用意されていて、そのキープ力には定評があります。

特に今回紹介するオージスゲラスティックは、

キープ力とツヤ感

はその他のジェル商品と比べて、一線を画すところがあると感じています。

オージスジェルの評価

Amazonでの評価

凄くよく固まるるので定期的に購入しています。
ツヤがありバッキバキに固まるので、短髪の方専用商品だと思います。

髪が長めになったら、事前に髪の毛に湿度を与えてからセットしないと、すぐ硬化するので注意が必要。

美容室で使っているものと同じなので、安心。

濡れた髪に付けて、セットが決まったら、弱めのドライヤーで乾かしてあげると、バリッバリに固まる。

個人的にも口コミの通りだと思っていて、非常にキープ力がありますし、固まるのも15分くらい。

評価の中にあったセット後のドライヤー。

僕はセット後にドライヤーを当てたりはしていませんが、確かに髪の毛を結構濡らさないといけないため、最後にドライヤーを当てるのは良い方法かもしれません。僕も試してみたいと思います。

またオージスゲラスティックは、短髪用のジェル?という口コミもありましたが、個人的にはミドル~ロングでもない限りは、全然使えるのではないかと思っています。

実際僕も普通の長さのパーマヘアでありますが、オージスゲラスティックを多少水を混ぜて伸ばすことによって全然使えています。

楽天での評価

主人の短髪時のヘアスタイリングに使用。

美容室で使っていたので普段もこちらを使っています。圧倒的にハードで、少し水にぬらして使用していますが、少々短い髪でも完全にオールバックにすることが出来ます。

リピートです。
仕上がりも匂いも気に入ってます。

オージスゲラスティックを使っている美容室も多いようです。

僕はYouTubeで紹介されているのを見てオージスゲラスティックの存在を知りましたが、ネットで購入されている方は美容室で使われていたという口コミをよく見かけました。

また、Amazonの評価と同様、ハードさやキープ力は評価が高く、まとめ買いやリピート購入する人も少なくないようです。

個人的に匂いについては可もなく不可もなしという印象なのですが、ここは好みが分かれるところですね。

ちなみにウチの妻にオージスゲラスティックの匂いを嗅がせたところ、苦手な匂いみたいでした。苦笑。


オージスジェルの取扱店

リアル店舗ではドンキ?

オージスゲラスティックのジェルは、Amazonや楽天の他、リアル店舗だとドンキに置いてあるのをみかけました。

メンズのヘアセット用品コーナーに置いていたので目についたのですが、当日その日どうしても欲しいというときにはドンキで購入するのもありかもしれませんね。

ネットではAmazon・楽天でまとめ買いがオススメ

ただよほど急いでいない限りは、ネットでの購入がおすすめ。

早くて翌日には届くので、特に当日や近々で欲しいというタイミングでなければ、ネットのほうが楽に買えると思います。

また、3点まとめ買いだとかなりお得。

Amazonでは1本1200円程度なのですが、3本セットのまとめ買いだと1本当たり1000円ちょっとで買えて、さらに送料も無料なのでかなりお買い得。

僕も最初はAmazonで試しに1本買ってみて試してみて、それからはリピードで3本まとめ買い(楽天)にて購入しています。


オージスジェルの使い方

髪を水で濡らす(結構濡らす)

オージスゲラスティックのジェルは、若干扱いに手がかかる代物。

なぜなら他のジェルと比べて、圧倒的に伸びません。

ですので、先程Amazonの口コミにもありましたとおり、髪をある程度濡らす必要があります。

短髪の方であれば少し濡らすほどで足りるかと思われますが、僕のような普通の長さであったり、またパーマをかけてたりすると結構濡らしてからジェルを手に取ることをおすすめします。

髪を濡らすことによってジェルが髪に馴染みやすくなります。

ジェルを適量取る

髪を十分に濡らしたあとは、ジェルを適量取ります。取る量は髪の長さや髪のボリュームに合わせて取りましょう。

手に取りましたら、少量の水をジェルに混ぜるのがおすすめ。

理由はやはり伸びの悪さですね。そのままの状態で手でこねると、かなりべっとりするので、セットのときに重要な髪に指を通すということがやりづらくなってしまいます。

また、手でこねるときには、手首の当たりまでつけておくことをおすすめします。

後ろの髪を整えるときに、意外に髪が手首や手首の土手付近で調整したりすることがあるので、そこまでジェルをつけておくことによってのつけ残しを軽減することができます。

これはあくまで個人的な方法なので、必ずしもする必要はありません笑。

思いっきりオールバックする勢いで

ここまで済んだらあとは思い思いの形にセットするだけ。

僕の場合はオールバックが基本なので、前髪から思いっきりかきあげるように後ろ髪までつけるようにします。

そのあと後頭部付近にジェルををつけながら全体的な形を整えていきます。

個人的に、オールバックした後にサイドをふんわりさせたり、前髪をこめかみ周りに垂らすのが好きなので、手に残ったジェルでそこも形を整えていきます。

完成形がこちら。

オージスゲラスティックジェルをスタイリング
▲正面から
オージスゲラスティックジェル
▲斜め横から

オージスジェルの使い方 応用編

軽いジェルを使った後に使う

どうしてもオージスゲラスティック独特の粘り気や伸びの悪さが気になるという方。

予め軽いジェルをつけてある程度形を整えておき、そのあとキープ力やツヤを出すためにオージスゲラスティックを使うという方法もおすすめです。

僕もこのジェルのクセを掴むまでの初期の期間は、この方法をやっていました。

今考えると髪型を整えるのにジェルいくら使ってるの?っていう話。笑

ムースで形を整えてから使う

パーマをかけてる方にはこんな方法もおすすめ。

予めムースでパーマ感を出しておき、それに加えてツヤやキープ力を出すためにオージスゲラスティックを使う方法です。

オージスゲラスティックジェルとムースでスタイリング
▲オージスゲラスティックジェルとムースでスタイリング

かなりパリパリ感が増すのですが、パーマ感はジェルのみより強く出ていますよね。

まとめ

以上、シュワルツコフから出ているオージスゲラスティックジェルの評価から、使い方・スタイリングまで紹介していきました。

最初は扱いにくかったオージスゲラスティックも、今では大事な相棒となっていて、今の所リピート中です。

参考になりましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました