似てる英単語

似てる英単語 似てる英単語

数ある英単語の中で、意味が似ているようで実は違う英単語をまとめました。
正確にニュアンスを伝えるために、それぞれの単語の違いをしっかり把握しましょう♪

スポンサーリンク
似てる英単語

【それな】exactly の意味と定番イディオム ”absolutely” との違いは?

exactly の品詞は副詞になります。なので文章のいたるところで登場する品詞。形容詞は別に存在していて、exact がそれに当たります。exat +名詞で「正確な~」。意味については皆さんご存じのとおり、「確かに、正しい」という意味で、そのほかにも「ちょうど、ぴったり」という意味があることも覚えておきましょう。
似てる英単語

【間違いやすい】because と so の違い それぞれの意味と使い方を解説

使い方を間違えると全く別の意味になってしまって、相手に言いたいことが伝わらなかったりするので、使い方をしっかり覚えましょう。 because に続く文章は「理由」や「原因」、so に続く文章は「結果」や「結論」
似てる英単語

【習慣】habit, routine, practice, custom の違い!例文付きで解説

habit, routine, practice, custom これらすべて、「習慣」という意味を表す英単語になります。当然それぞれにニュアンスの違いがあるのですが、例えば日本語でも「爪を噛む習慣(クセ)」という場合と「毎朝野菜ジュースを飲む習慣」とでは、同じ ”習慣” という漢字を使うとしても、その意味やニュアンスは若干異なると思います。
似てる英単語

【義務】duty, obligation, responsibility… それぞれの違いを解説

duty...obligation...responsibility... それぞれ義務を表す英単語ですが、ニュアンスの違いがわかりますか?「なんとなくわかるけど…はっきりした違いは…」「どれも一緒で同じように使えるのでは?」と感じている人もいるかもしれません。意味の違いについて解説していきます。
似てる英単語

「重要な」を表す “crucial” と “important” の違い でも実際普段使われる英単語は…

今回はその中でも特に important との違いとしてよく話題にあがる crucial の解説をはじめ、「重要な」を表す単語として、実際日常英会話で使う頻度、登場頻度が高い英単語を紹介していきたいと思います。
似てる英単語

road, street, avenue の違いは画像検索で一発理解!

日本語では「道」を表す言葉として、道路、〇〇通りなどと言ったりしますが、 英語では street や road、avenue を使います。 同じ道でもどのように違いがあるのか、解説していきます。
似てる英単語

glow と shine の違い 2つの”光”を画像を用いて解説

同じ”光”とはいえ、日本語でも「光り輝く光」と、間接照明のような「ぼんやり光る光」では雰囲気が多少違ってきます。英語ではそれを “shine” と “glow” を使って表現しています。
似てる英単語

come と approach の違い 同じ「来る」でも使い方に違いはある?

「台風が来ている」―。こう聞くと「Typhoon is coming.」と英語で表現したくなるかもしれません。全然通じる英語ではあるんですが、厳密なことをいえば「台風が来る」と言いたいときには「Typhoon is aproaching.」というのが正解になります。
似てる英単語

「仕事」を表す ”work” “job” “business” の違いについて解説

今回は「仕事」を表す単語の中でも “work” “job” “business” の3単語の違いを取り上げました。 それぞれ微妙にニュアンスの違いがあり、英会話の場面や空気によって使い分けが必要になります。
似てる英単語

「海」は英語で sea、ocean、marine? 現地での実際の使い分け方

sea、ocean、marine… どれも「海」を表す英単語です。使い方によってはニュアンスが若干違いますが、基本的には「海」という意味なので、どれを使っても通じることには不便しないでしょう。 ただ細かい意味が気になる…という方もいると思いますので、例文を出しながら解説していきたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました