スポンサーリンク
練習日記 be動詞 時制

【日記】be動詞の時制の練習

練習日記
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

be動詞の時制の練習をしています。

主語にも注意しながら、be動詞の現在形(三人称も含めて)、現在進行形、過去形、未来形の4つをひたすら書いて発音するという練習。

練習題材はニック式英会話の『A4一枚英語勉強法 見るだけで英語ペラペラになる』から。



ポイントは He is, She is というように開かず、He’s, She’s と省略形で書くこと。

それと発音も例えば You’re のときは「ユーアー」と言わずに、「ヨ」ということ。

書きながら発音も練習していきます。

主語/時制現在形(発音)現在進行形過去形未来形
II’mI’m doingI wasI’m going to
HeHe’s(ヒズ)He’s doingHe wasHe’s going to
SheShe’s(シズ)She’s doingShe wasShe’s going to
YouYou’re(ヨ)You’re doingYou wereYou’re going to
WeWe’re(ウェ)We’reWe wereWe’re going to
TheyThey’re(ゼ)They’re doingThey wereThey’re going to
ItIt’s(イッツ)It’s doingIt wasIt’s going to

中学生の習いたて英語みたい…。

だけどあのときは、単語として覚えることに必死で、発音や時制を意識するというところまで至っていなかった。



大人になって英語は時制が重要なことに気づいて、新ためてbe動詞の練習をしてみると、これまでただ単にその単語や文法を知ってるだけで発音などのアウトプットのレベルがものすごく低かったことに気づく…。

楽しい…。be動詞楽しい…。

野球選手が素振りをするように、バスケットマンがゴール下を決めるように、またストライカーがシュートを決めるように、私はbe動詞を繰り返し練習しています…。

ちなみに主語を含めてbe動詞をひたすら練習したあと、試しに英語の動画を見てみると、本当にbe動詞がクリアに聞こえる。
特に練習した翌日。

魔法のようなもので、おそらく一時的なものだと思うけど、これを繰り返していけば徐々に体に定着していきそうな気がする。

あと1ページ、be動詞練習します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました