スポンサーリンク
使える英会話表現

謝るときの英語表現 sorry と apologize の違いは?例文なしでもわかる

使える英会話表現
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

英語で謝るときの定番といえば sorry ですよね。
他にもパッと思いつくものとして、apologize や my bad、my fault などがありますが、それぞれニュアンス的にどう違うのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

カジュアルに「ごめんなさい、スマン」と言いたいときには sorry、my bad、my fault

ゴリラ
ゴリラ

謝ることって、日常生活でも大事だよね。

しっかり覚えておかないと。

クリス
クリス

おっしゃるとおり、英語だろうが日本語だろうが、非を認めて素直に謝ることは大事ですよ。


日本語でも「ごめん」とカジュアルにいうときもあれば、目上の人に対して「すみません。」というときもありますよね?


英語でも同じで、カジュアルの謝罪と、目上の人に対して使う謝罪の表現があります。

▼カジュアルに謝るとき
・I’m sorry for xxx
・My bad.
・It’s my fault.

・forgive me for xxxx

ゴリラ
ゴリラ

なるほど。My bad. と It’s my fault. ははじめてみたかも。



クリス
クリス

カジュアルな謝罪のときには、大体この4つが使われます。


最後にプラスアルファとしている forgive ですが、普段の英会話にはあまり出てくるケことはありませんが、一応使う人がいるので載せています。


そして、正式な謝罪、フォーマルに謝るときには apologize 一択ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました