スポンサーリンク
使える英会話表現

”should”のもう1つの意味 「~のはずだ」を例文を見ながら覚えよう

使える英会話表現
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
▼みんなの疑問
”should”は「~すべき」だけじゃないの?
ネイティブは”should”をどんなふうに使うの?

一般的に”should”といえば「~すべき」の意味で習ったという人が多いと思います。
もちろんその意味も大事なのですが、より”should”をネイティブのように使いこなそうと思ったらもう1つの意味も覚えておく必要があります。
それが”should”=「~のはずだ」です。

スポンサーリンク

should = ~のはずだ

▼例文
1)It shouldn’t take long.
2)The test shouldn’t be hard.
3)He should be back in a minute.

まずは↑こちらの例文をご覧ください。
それぞれ「~すべき」という意味で訳すと、

誤り)should = ~すべき で訳した場合
1)長い時間かからないべき
2)テストは難しくないべき
3)彼はもうちょっとしたら戻ってくるべき

こんな感じの訳し方になると思います。
最後の例文は文脈によっては通じるかもしれませんが、上2つは明らかにおかしな文章・訳し方になってしまいますよね。

ゴリラ
ゴリラ

「~すべき」だけしか知らないと、意味が通じないどころか若干頭がパニックになるくらい意味が違ってくるね…。

正)shold = ~のはずだ で訳した場合

1)It shouldn’t take long.
長い時間かからないべきX → そんなに時間はかからないはずです

2)The test shouldn’t be hard.
テストは難しくないべきX → テストはそんなに難しくないはずです。

3)He should be back in a minute.
彼はもうちょっとしたら戻ってくるべき → 彼はもうちょっとしたら戻ってくるはずですよ。

このように should は「~のはずだ」と訳すと意味がスッと入ってきますよね。
あまり聞き馴染みのない訳し方で、最初は違和感だらけかもですが、日常会話やニュース英語などでもよく出てくるので重要度が高い単語です。

▼おまけ例文
・It should be impossible.
それは不可能なはずだ。

・You should be able to do that.
あなたはできるはずだ。

・You should have come here 3 days ago.
3日前にあなたはここにくるはずだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました