使える英会話表現

【レストラン】注文を決めるときの英会話【2,3人】②

使える英会話表現
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

前回に引き続き、友達同士でレストランに行ったとき、注文を決めるときに使う英会話表現の続きになります。
友達に料理をシェアしようと提案したり、少なめに注文したいときなど細かなニュアンスを伝えるときのテクニックも網羅しました。

スポンサーリンク

①シェアしたいとき

例文)
Can I share with you, because this pizza looks big ?
このピサ大きそうだからシェアしませんか?
 
ゴリラ
ゴリラ

もうこのブログでも何度も出てきた Can I ~ を使った頼み事表現だからだいぶ慣れてきた。

シェアも普通に share で通じるんだね。
語尾の looks が気になるけど、これはどういうときに使うの?

クリス
クリス

反復練習が英会話上達の何よりの近道ですからね。これからもこういった頻出フレーズはよく扱っていく予定です。



look は「~のように見える」というときに使われます。
looks big, looks tall, looks cheap…



あとは洋服が似合ってるとか髪型が似合ってるというときに
You look good !
のような使い方もされます。

②少なめに注文したいとき

例文)
Shall we have small order, becaouse we have a meeting later ?
このあと会議だから少なめに注文しよう
ゴリラ
ゴリラ

少なめに注文したいときは small order で通じるんだね!
少ないを意味する less とかを使いたくなっちゃうけど…

クリス
クリス

基本的に英語は、極力シンプルなほうがよく伝わります。

今回も small order も、オーダーを小さく=少なめに、という形でなんとなく意味がわかると思います。

海外旅行のときに意外にこういった微妙なニュアンスを伝えきれずにもどかしくなることもありますから、そういうときこそいかにシンプルに伝えるかが重要なのです。

③何でも良いからおすすめ聞こうと提案

例文)
Let’s hear recommendation, this menu is hard to deside.
メニューわかりづらいから、おすすめ聞こう
ゴリラ
ゴリラ

うん…。ニュアンス伝えきれずに残念な思いしたこと、僕にも数え切れないほどある…。

メニュー読んでもわからんし、でも腹は減ってるし…。
そんなときはおすすめ聞くのが一番だよね?

クリス
クリス

間違いないです。今日のおすすめ何ですか?(What’ your today’s recommendation ?)実際私も店員さんにこれを聞くことが多いですね。

ちなみに「~がわかりづらい 」というときには hard to ~ を使って表現します。
hard to decide, hard to hear, hard to read…


レストランのみならずそれ以外の日常会話にも頻出の表現です。

④スプーンを交換してもらいたい

例文)
(This spoon is dirty…) Can I have another one ?
(このスプーン汚いな…) 他のと替えてもらえますか?
ゴリラ
ゴリラ

あとレストランで気になるのは、前に飲食店入ったとき置いてたスプーンやフォークに汚れがついてることがたまたまあったんだ。

そのときはジェスチャーで交換してくれ!って必死に頼んだけど、できればこれも英語でスマートに言いたいのよ。

クリス
クリス

そんなときも冒頭でも出てきた通り、頼み事の定番フレーズ、Can I ~ ? で始めて、
another one 他の といえば十分通じるよ♪

確かに汚れたスプーンは嫌だから、こういうときちゃんと頼めるメンタルと英語力は大事ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました