使える英会話表現

【雨の表現】raining cats and dogs で大雨…?変わった天気の表現

使える英会話表現
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

「rain cats and dogs」という英会話フレーズ。
犬と猫?と思った方も多いと思いますが、これを雨を表すときに使うと「ひどい雨」という意味になります。
例文と一緒に使い方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ひどい雨 raining cats and dogs

▼例文
It’s raining cats and dogs.
ひどい雨だね。
ゴリラ
ゴリラ

例えば日本の梅雨とか、大雨が降る日があるけど、

そういう大雨のときは「heavy rain」で良かったよね?

クリス
クリス

もちろん heavy rain で全然大丈夫ですよ。一番よく使う表現じゃないかな。


ただ他にもこういったひどい雨を表す英単語フレーズがあって、


It’s raining cats and dogs.

ゴリラ
ゴリラ

キャッツアンドドッグス?


どうして rain のあとにつけるとひどい雨という意味になるの??

クリス
クリス

実は僕もよく知らないんです。

ただ英語圏では頻繁によく聞くフレーズで、覚えておかないと全く意味がわからないので、もう覚えちゃったほうが早いと思いますよ。



ゴリラ
ゴリラ

なるほど…。クリスにもわからないことがあるんだね…。

クリス
クリス

割と頻繁にありますよ。

例えばこの間テレビでやってた


My car is a lemon.
私の車は故障している。




この lemon の使い方も、テレビの解説聞くまでは全く知りませんでした。



ちなみに lemon に関して英語圏の友達にもこんな使い方したことある?って聞いたみたんですが、



このときに使う lemon はアメリカ英語で、基本イギリスでは使わないって言ってました。



僕はイギリスの生活が長いので道理で聞きなじみがないわけですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました