発音

【発音】まずはカタカナ英語から入るべき?

発音
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

YouTubeで英語ものの動画を漁っていると、発音に関するものが多く取り上げられている今日この頃ですが、

その中でもよく話題にのぼっているのが、

「カタカナ英語は通じるのか?」「いやいや!発音記号を元に、しっかりした発音を覚えるべき!」

といったもの。

そもそもカタカナ英語とは、ネイティブの発音に近いものをカタカナで充てるというもの。

例えば、

Can I have a cup of coffee ?
ケナイ ハヴァ カパオバ カフィー?

このように極限まで英語の発音に似せて、カタカナで表現するものです。

スポンサーリンク

カナカナ英語は通じない?

さて果たしてカタカナ英語は通じないのか。

自分の体験談を踏まえた答えとしては、日常会話レベルなら全然通じる、だと思います。

これは目指しているレベルにもよると思うのですが、例えば旅行に行ったときに困らない英語力を身に着けたい!という人は、全然カタカナ英語で十分だと思います。

実際私もカタカナ英語から入った立場ですが、留学先でも旅行先でも、カタカナ英語でそれっぽく発音すればさほど困ることはありませんでしたし、

一方で、よく一緒に旅行する日本人の友達は、発音のメカニズムや発音記号を意識するあまり、大事な会話の間やテンポが失われて、うまく英語でコミュニケーションが図れてなかったりしていました。

個人的に英語でも日本語でも、会話で重要なのはテンポだと思うので、頭でっかちになって発音記号ビッシリ!的なものはどうなのかな、と思っています。

発音がしっかりできる外国人ばかりではない

留学先や旅行先でもう一つ思ったのは、英語だけでいうと、決して万人がしっかりとした英語の発音ができるわけではない、ということです。

英語圏だとしても移民だったりして発音にクセがある人は多いですし、ネイティブでも早口すぎたりどもったような発音をする人も大勢います。

またアジアを旅したときでも、そこそこのクラスのホテルに泊まっても、フロントのスタッフはほぼほぼ英語はカタコト。

そのときに抜群の発音を披露したとしても、かえってカタカナ英語をゆっくり大きな声で話すほうが通じたりします。

またインドを旅したときには、向こうが英語を喋っているのをしばらくしてから気づいたほど…。

このように英語にもその人のレベル・地域差があるので、旅行で困らない程度の英語を目指しているのであれば、比較的ハードルの低いカタカナ英語から入るのがおすすめです。

カタカナ英語の定番書

ちなみに僕がカタカナ英語をはじめて知って、のちに本当に役立ったと思ったのはこちらの一冊。

カタカナ英語の法則性についてかなり細かく説明していて、さらに練習ドリルも充実しています。

実際これの通りに発音の練習をしていたら、いつの間にか英語のニュース番組の聞き取りがぼんやりできるようになっていたときには、本当に効果を実感しました。

いきなり発音記号はハードル高すぎ!なんちゃって英語発音でも通じればよし!
という方はぜひ手に取ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました