スポンサーリンク
似てる英単語

glow と shine の違い 2つの”光”を画像を用いて解説

glow と shine 似てる英単語
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

みんなの疑問
glow ってそもそも何?
・同じ「光」でも違いがあるの?
・使い分けを教えてほしい

今回は glow と shine の違いです。同じ「光」や「灯り」を表す単語ですが、その光の様子に合わせて使い分けが必要になります。

この記事を読めば、そもそもglowという単語とはどういう光なのか、shine との違いがハッキリとわかります。

スポンサーリンク

glow は”ぼんやり” “内部から光る”イメージ

同じ”光”とはいえ、日本語でも「光り輝く光」と、間接照明のような「ぼんやり光る光」では雰囲気が多少違ってきます。

英語ではそれを “shine” と “glow” を使って表現しています。

▼shineのイメージ

▼glowのイメージ

このように画像を見るとはっきり違いがわかると思います。

shineは物体そのものから光が放たれていて強烈な光を放っていて、glow は内側からぼんやり光っていて優しくて温かみのある光であることが伝わってきます。

ゴリラ
ゴリラ

ちなみに Backstreet Boys の “Shape of love my heart” にも「glow」が出てくるよ。

”Stay here, don’t put out the glow”(2フレーズ目)

“灯りを消さずにそばに居て”

Backstreet Boys – Drowning (Official Music Video)

ロマンチックな雰囲気が伝わってくるよね…。

スポンサーリンク

まとめ

glow と shine の違い
  • glow は内側からぼんやり灯っている光。
  • shine は物体そのものから強烈に放たれている光。

▼このブログの参考書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました