使える英会話表現

【キリトリ英会話】”Amazonプライムデー”を英語で説明!「年に一度」「限定の」はどんな英語を使う?

Amazonプライムセールを英語で説明 使える英会話表現
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

先日Amazonのプライムデーが開催されていましたね。

使わなそうなものまでついつい買ってしまうくらいお得に商品を買うことができるプライムセールですが、僕は結局「水」しか買いませんでした。

みなさんはどんなもの買いましたか?

Amazonのプライムデーはどんな英語で説明できる?

今回のブログのテーマはこちら。

Amazonのプライムデーの特徴としては、

  • 年に一度
  • 限定の
  • 大セール

こういったものを英語で正しく表現できれば良いと思います。

早速正解の文章例を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

まずは正解の例文から

▼Amazonプライムデーとは、世界で同時に開催される、年に1度のAmazonプライム会員向けビッグセールです。


1)Amazon Prime day means that is a big sale for Amazon prime members exclusively once a year at the same time all over the world.
2)Amazon Prime day is a sale event exclusively for Amazon prime members which start at the same time all over the world once every year.
3)Amazon Prime day is an annual sale event exclusively for Amazon prime members which start at the same time all over the world.

なんとなく皆さんのイメージどおりだと思いますが、ところどころ使っている英語が違うので少々疑問が浮かんでいることと思います。

・「年に一度」の英語表現はいくつかあるの?
・「限定的な」は exclusively ではなく “only” を使ってはダメ?

「年に一度」の英語表現

年に一度の英語表現

once a year

まず年に一度という英語表現ですが、おそらくすぐ思いつくのは「once a year」だと思います。

ここがポイント

once “in” a year というように、in を入れても大丈夫なのですが、once a year, once every year のほうが一般的。

僕も学校では once in a year で習った気がするのですが、ネイティブの先生から「一応 once in a year でも全然通じるけど、once a year のほうが肥前です」と指摘受けました。

細かいところですが意識して覚えておきたいポイントです。

anual

もう一つは anual。

anual は「年次」だったり「年に一度」という意味で使われる単語ですので、event や big sale の前に置いて、

例えばこんな使い方
  • anual event
  • anual big sale

といった形で当てはめることができます。

「限定セール」の英語表現

exclusively の他には only もOK

次は「限定的な」という英語表現を見ていきます。

例文では exclusively を含めながら「a big sale for Amazon prime members exclusively」のように並べて、「Amazonプライム会員限定の」というニュアンスで表現しています。

ここがポイント

ちなみに exclusively のところは only でもOKです。

日本の通販サイトなどや店頭でも「exclusive sale」って書いてたりすることありますよね。

中国版のプライムセール?「618」とは

以上、「年に一度」「限定的」という英語表現を中心に、Amazonプライムセールを英語で説明していきました。

中国版のプライムセール?と言われる「618」というものを知ってますか?

中国のネット通販セール「618」で注文5・9兆円(産経新聞) - Yahoo!ニュース
【北京=三塚聖平】中国で年央に行われる恒例のインターネット通販セール「618」が18日に終了した。中国ネット通販2位の京東集団(JDドット・コム)は、1日から18日までのセール期間中の累計注文額が3

みなさんは中国の大手通販サイトといえばどれが思いつきますか?

中国の大手通販サイト
  • taobao(alibaba)
  • Jingdong(JD)

この2つが中国の大手通販サイトで知られるものです。

「618」とは2個目のJDが開催しているビッグセールを指し、先程のニュースにもあったとおり、今年は5・9兆円の売上を記録しました。

ちなみに taobao のビッグセールといえば、「1111(独身者の日)」。

ここがポイント

日本ではAmazonや楽天、ペイペイモールがネット通販の定番で、配送も正確で早いので個人的にはいうことないのですが、
中国の友人に聞くと、中国の通販は「日本よりも早い」とのこと。

注文したその日のうちに届くこともあれば、オプションで料金を上乗せすれば、2時間で届けることもできるそうです。

個人的には全然日本の配送スピードで満足してます…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました